トップ>吉林

 吉林省振興発展の道のりで、新しい電子商取引は強い力になっている。

 新産業は新しい気運

 「ネット上で商品を売る」という伝統的な電子商取引の思考を突破し、わが省は全産業チェーンのグレードアップの視点で新しい電子商取引産業を計画している。

 省商務庁電子商取引と情報化処の夏遠峰処長は、新電子商取引は吉林省の「六新」産業の一つとして、高速発展と高品質発展の重要な歴史的チャンスを迎えていると指摘した。

 わが省では全企業と全市民のネット使用、電子商取引の模範を推進し、電子商取引は農業、製造業、対外貿易、サービス業界と徐々に融合し、飲食企業、小売店は自発的にオンライン市場を開拓し、伝統的な実体経済はデジタル化の面でも新しい探索と試みを行っている。電子商取引の取引額は年平均30%以上増加し、取引生態はさらに完備している。

 電子商取引産業チェーンは最適化されている。2020年末現在、国家級電子商取引模範都市2つ、国家級越境電子商取引総合試験区3つ、国家級越境電子商取引小売輸入試験都市2つ、国家級、省級模範基地、電子商取引模範企業、電子商取引双創基地159社を育成し、貧困県電子商取引双創基地8つを選出した。優遇政策、良質なサービス、優良な生態で極めて強い牽引の役割を発揮し、有名な企業が絶えず集まり、吉林省の新電子商取引産業は新しい気運を示している。

 新措置で新効果を実現

 新電子商取引は「オンライン+オフライン」の方式を通じて、特殊な時期の吉林市場にエネルギーを送っている。過去数年間、わが省は34の県(市、区)で省級県域農村電子商取引の試行を展開し、40の郷鎮、400の行政村で電子商取引鎮と電子商取引村の建設を展開し、県域都市と農村をカバーする政策サービス、物流配送、育成孵化、ブランド育成、マーケティング普及の「五大システム」を基本的に構築した。農村のネットワーク小売額の伸び率は3年連続で30%以上を維持し、全省の農村電子商取引はすでに高速成長期から高品質発展段階に転換し、農村の三産融合、供給側構造改革などの面で革新的なリード役割を発揮した。そのうち、国務院が組織した「農産物流通の現代化を推進し、農村電子商取引と生産販売ドッキングを積極的に発展させる効果が明らかな地方」の選考において、梅河口市は2019年電子商取引農村総合模範の典型的な激励県に確定された。

 「第13次5カ年計画」期間中、全省は268の県、郷電子商取引サービスセンター、5316の農村電子商取引サービスステーション、31の県域物流集配倉庫センター、341の郷鎮物流分配センター、2575の農村物流ネットワークを建設改造し、39.5万人を訓練し、12.1万人のネット商取引経営者を育成した。

 新しいレイアウトで新しい発展を「予約」

 現在、全省の越境電子商取引は盛んに発展し、規模は絶えず拡大し、貿易の高品質な発展に新しいエネルギーを注入している。長春、琿春、吉林は相次いで国家越境電子商取引総合試験区、越境電子商取引小売輸入試験都市と認定された。長春は東北地区初の越境電子商取引保税貨物輸入業務を完成し、琿春は中国の対ロシア越境電子商取引の唯一の陸路白関港と3 C製品の物流コストが最も低く、配達速度が最も速いルートとなった。アリババ国際、敦煌網、世界貿易通、世界資源網、一達通、通聯支払い、菜鳥物流などの有名な越境電子商取引プラットフォーム、サービス業者は次々とわが省に定着し、省内の伝統的な対外貿易と生産製造企業のオンライン経営を牽引し、対外貿易の「ゼロ」突破を実現した。毎年越境電子商取引の訓練、フォーラム、サロンを組織し、延べ1万人以上をカバーし、全省越境電子商取引協会の設立を推進し、100社近くが参加し、越境電子商取引の発展雰囲気が日増しに濃厚になっている。

 電子商取引生中継産業の新しい風に乗るために、わが省は率先して全国で「中国ネットレッド吉林ツアー」活動を行い、「電子商取引生中継産業サミット」を開催し、「全省生中継電子商取引発展三か年計画」を発表して、積極的に中国(長春)ネットレッド経済先行試験区の創設を計画した。長春、延吉、梅河口などで開催されたネットレッド生中継月間、生中継特別会場などのシリーズ活動の成果は大きく、鼎豊真、皓月、老韓頭などのブランドの知名度と販売量は引き続き増加している。聚発財、アバンティ、記録時代などを代表とする生中継電子商取引のトップ企業がすくすくと成長し、遼源靴下業、長春黒水路卸売生中継ホールなどの生中継基地が徐々に台頭し、ここ2年、電子商取引生中継で取引額を年々増加させている。(出所:吉林日報)

記者:編集:崔煜

関連ニュース