トップ>日本語

  11月1日、2022年長春市第1回人材祭(企業家の日)授賞式で、市は6人の長春市リーダー型科学者、59人の卓越貢献企業家、優秀企業家、新生代優秀企業家、外来優秀企業家、100社の2021年度業界納税100強を表彰し、社会全体で「才能と知恵を尊び 賢人と功績を立てる」濃厚な雰囲気を醸し出した。

  ここ数年来、長春は科学技術が第一の生産力であり、人材が第一の資源であり、革新が第一の原動力であることを堅持し、人材強市戦略を深く実施し、「長春人材革新港」を構築し、自主革新モデル区を建設し、全力で国の「3+N」人材配置に取り組んでいる。院士の革新起業、企業家育成サービス、百万人大学生長春就職などの重点プロジェクトを実施し、東北最大の「長春青年人材都市」の建設をスタートさせ、東北初の人材サービス局を設立し、全国初の人材発展を促進する地方的な法規を公布し、人材へのサービス、企業へのサービスの特別行動を深く展開し、各種の人材を長春で本当に活躍させる。

  今回の選考では、長春は企業家と所在する企業の社会貢献度、社会的影響、企業ブランド、革新能力、発展の将来性、業界のリーダーシップという5つの次元を総合的に考慮し、推薦、専門家の審査、意見募集などのプロセスを経て、全市の142.9万の市場エンティティと34.99万近くの企業の中から傑出した企業家代表を選出した。選出された業界トップ100の納税者は、製造業、建築?不動産、金融保険、サービス業、卸売小売業、映画?放送?文化観光など多くの分野に関連している。2021年、100強企業の納税総額は594.29億元に達し、全税収収入の52.3%を占めた。


記者:編集:杨曼舒

関連ニュース